才能を伸ばす!知育玩具で遊んで学ぼう【可能性を広げる】

成長をサポート

おもちゃ

世界がひろがる

子どもが産まれ、しばらくするとすぐに赤ちゃんはミルク飲んで寝るだけではなくなります。何かに触ったり、舐めたりどんなものが確認する時期になったら、知育玩具購入の時期です。0歳代の知育玩具のポイントは、誤飲する恐れが無く、舐めても問題のない塗料、素材のものを選ぶと安心です。また、洗える知育玩具もおすすめです。触って音が鳴るものも五感に刺激を与えることができます。視力が発達していないので、淡い色よりも、原色の赤、黄色、青などがよいと言われています。気をつけたいのは、握力が弱いため、おもちゃを落とすことが多いことです。ケガしないよう、重く壊れやすいものは避けることが必要です。人気なのは、ドアの開け閉めができる、歯車を回せる、押すと動物のキャラクターが飛び出すなど、様々な遊びが一度にできる知育玩具です。おすわりで、つかまり立ちで成長に合わせて長く使えるのも人気の要因です。また、型にはめておとすブロックも知育玩具の代表です。はいはいの時期は、おいかけたくなる動くものや、ひっぱったりはがしたりと手指の発達をうながす知育玩具がおすすめです。少し大きくなると大人がサポートしながら、簡単なパズルもおすすめです。子どもの発達に合わせて、できたという達成感を与えるためにも、少しがんばったらできたという難易度で購入することがポイントです。歩き始める1歳ごろは、かして、どうぞの基本になるようなおままごとや、ビーズがどう動くのか予測をつけながら、自分で動かすの知育玩具も発達を促します。

Copyright© 2018 才能を伸ばす!知育玩具で遊んで学ぼう【可能性を広げる】 All Rights Reserved.